ポイントの付与率と還元率の違い

 

 

クレジットカードを持つ人の楽しみの一つが、ポイントがたまることでしょう。クレジットカード会社の方でも、ポイントを売り物にすることが多くなりました。

 

が、この時に注意が必要です。ポイントを強調して宣伝するときに、「ポイントの付与率」と「ポイントの還元率」の二つの表現が見られるのです。

 

本来は微妙に意味の違う言葉です。が、しばしば混同して使われています。もし、クレジットカードをポイントシステムで選ぼうというのならば、「付与率」の話になっているのか、「還元率か」か、あるいは間違って説明されているのかを意識する必要があります。

 

まず、「還元率」といった時には、「100円利用したら、1円が戻ってくる」といった場合を示しています。これならば「還元率1パーセント」です。

 

「付与率」という場合は、「100円利用したら、1ポイントつく」という場合が、「付与率1パーセント」です。

 

あくまで「1ポイント」ですから、それが「1円」かどうかは分かりません。

 

これが「1ポイントを1円で計算する」というのならば、還元率も「1パーセント」です。

 

が、「1ポイント、0.5円」「1ポイント、2円」ならば、それぞれ還元率としては、「0.5パーセント」「2パーセント」です。

 

本来は「戻ってくるのが、金額いくら相当か」が、大事なはずです。ですから、「1ポイントが何円になるのか」をちゃんと確認して、ポイントであっても、還元率に換算して考えることが必要です。

 

かんたん審査、即融資の即日キャッシングが可能になっているありがたいキャッシング会社というのは予想している数よりも多いものなのです。いずれのキャッシング会社も申込んだ人の口座に振り込みが間に合う時刻までに必要な契約にかかる申し込みなどが済んでいるということがご利用の条件になっています。

 

 

キャンペーンを利用しよう

 

 

クレジットカードを利用するときのお楽しみの一つがポイントですよね。

 

ちょっとずつたまっていくのが楽しみで、しょっちゅう確認してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

また、航空会社などと提携しているようなものであれば、「マイレージ」がたまります。これもちょっと呼び名が違うだけで、ポイントの一種です。

 

中には、「マイレージをためたいので、今度海外旅行をしようと思う」なんて、本来おまけの方が目的になってしまっているような人さえいます。

 

 

そこまでしてためたいポイントです。もちろん、最初にポイントの還元率の高いものを選んでおくに越したことはありません。

 

一般的には0.5パーセントでしょう。が、なかには2パーセントやそれを超えるものもあります。

 

また、何かの機会にこのポイントを一定数、特別につけてくれたり、いつもの倍の数にしてくれることがあります。「キャンペーン」というやつですね。

 

今から新しくクレジットカードに加入するのであれば、「入会キャンペーン」をチャックするようにしましょう。

 

例えば、「最大12,000円分キャッシュバックキャンペーン」だとか、「ご入会で最大15,000マイル相当獲得キャンペーン!」、「入会・ご利用で最大18,000ポイントプレゼント!!」なんてものがあります。

 

また、ポイントが増える条件として、「期間限定」とか、「何々の購入をしたときに限り」なんてものもあります。ちょっと丹念に探せば、意外にたくさん利用できるものがあるかもしれません。

 

注目のWEBサイト!

 

エステでは肌質もキチンと診てくれます。それぞれの女性によって肌の質は異なりますし、先天的な乾燥肌なのか、それとも後天性のものによるドライスキンなのかによって治療方針が違ってきますので、充分な注意が必要なのです。優良なフェイシャルエステをここで見つけましょう。
大阪のフェイシャルエステならここ!@格安で体験できる人気サロン

 

 

すんなりした二の腕に戻りたいと考える女性や、現時点の最高の二の腕をもちこたえさせたいと考えている人にうってつけの、色々な二の腕ダイエットをご案内します。この「女の筋トレダイエット」では筋肉の訓練を主としたダイエットの方法を紹介しています。いわゆる筋トレ理論や筋トレとダイエットの関連等を話し合い形式のブリーフィングで楽しく勉強できるのです。
大阪のエステで痩せる

 

包茎治療のための外科出術だけでは、亀頭全体が出てこないという人も存在します。
たいてい亀頭の発達未熟、包皮に弾力性がない、皮下脂肪が多すぎるなどが原因だと聞いています。今の時代、かなりの数の男の人がカントン包茎で苦悩しているということが、調査報告書などで発表されているとのことですから、「どうして一人だけ・・・・・」などと嘆かず、ポジティブに治療をすべきだと思います。
包茎手術

 

 

 

更新履歴